加齢臭の消し方・食べ物

加齢臭の消し方・食べ物について

  スポンサードリンク

加齢臭を予防するには、においの元となるノネナール対策の食べ物を多めに摂ることが重要です。

 

ノネナールが増加するのは、日頃のストレスによって大量に発生する活性酸素が一番の原因ともいえますので、ビタミンCやE、カロチンなどの抗酸化作用に優れた成分を含む食べ物が有効とされています。

 

とくに、ビタミンCは非常に強い抗酸化作用があり、「若返りのビタミン」と呼ばれるビタミンEと同時に摂取することで、より効果を発揮し、加齢臭を消すというだけでなく老化防止にも一役買ってくれます。

 

 

では、実際にどのような食事が良いかというと、基本は和食ベースにして、ごはんは玄米や胚芽米を食べるようにすると、ビタミンB群、Eの他、マグネシウムや亜鉛などのミネラル、食物繊維などが豊富ですから、とくに有効です。

 

また、豆腐や味噌、納豆などの大豆製品には、イソフラボンや大豆アポニンといった抗酸化作用に優れた成分が含まれていますので、できる限り多めに摂ることをオススメします。

 

朝食ではお味噌汁や納豆を食べ、体臭予防に効果を発揮する梅干や緑茶も一緒に摂るとさらに効果的ですね。

 

 

抗酸化物質(加齢臭を消す作用が期待できる食べ物)

  • ビタミンC、E
  • イソフラボン(大豆)
  • カテキン(緑茶)
  • セサミノール(ごま)
  • ポリフェノール(赤ワイン、チョコレート)
  • βカロテン(にんじん)

  ※ワサビ、ショウガ、ターメリック、ウコンなどの香辛料も抗酸化作用が期待できます。

 

 

肉類は脂肪酸の分泌を高め、ノネナールを増加してしまいますので、加齢臭が気になる場合はできるだけ避けるようにしたいところですが、肉や魚を食べる際には、スパイスを料理に上手く利用することも必要ですね。

加齢臭の消し方・食べ物についての情報でした。

スポンサードリンク