加齢臭の消し方・30代

加齢臭の消し方・30代の場合

  スポンサードリンク

加齢臭を消したいと思っているのは30代の人にも多いとされています。体臭は10代から各世代ごとに原因が違っており、それぞれの年齢に応じた対策が必要となっています。

 

若い頃には皮脂の分泌そのものが少なく、その代わりに皮膚の新陳代謝が活発で、汗をかく量も多いため、体に常駐している細菌がアカや汗を分解してツンとした強烈なにおいを発することもあります。

 

では、30代の加齢臭の場合はどうでしょうか?

 

実は、中高年の場合のにおい物質であるノネナールではなく、「ペラルゴン酸」が原因物質とされています。どちらも皮脂が酸化してできる脂肪酸の一種ですが、全く異なる物質のようです。

 

もともと30代は人生の中で一番皮脂の分泌が多い時期とされ、それが酸化することで脂っぽいにおいを放つとされています。シャツを脱ぐ時などに感じる人も多いのではないでしょうか。

 

脂自体に異臭はありませんが、30代ではまだ汗の量もそれほど衰えていませんので、両者が混じり合って独特の加齢臭を発するようです。

 

ペラルゴン酸の生成を抑制する効果が高いとされるのが、「メマツヨイグサ」という植物の種から抽出される成分で、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

今では、メマツヨイグサのエキスを配合したデオドラントシリーズも販売され、皮脂の酸化を抑制するには最適と言われています。薬局やドラッグストア、コンビニなどですぐに手に入ると思います。

 

ボディソープやスプレー、拭き取りシートなど、シリーズ全般を使いこなせば、体の表面上のケアは完璧だと思います。あとはお肉などの動物性タンパク質を摂りすぎないようにすれば、加齢臭を消すこともできますね。

加齢臭の消し方・30代の場合の情報でした。

スポンサードリンク