加齢臭の消し方・男性

加齢臭の消し方・男性の場合

  スポンサードリンク

加齢臭といえば、どうしても中高年の男性のイメージが強く、若い人からは「オヤジクサイ」などと敬遠されているようですね。

 

そもそも1999年までは加齢臭という言葉自体が存在しませんでしたので、中高年の男性が極端ににおいを気にしたり、身だしなみを気にすることは今より少なかったといえます。

 

しかし、現在では職場などで女性や若い人の嗜好を無視することはできない状態になり、エチケットに目覚めた人が多いのではないでしょうか。

 

加齢臭を消したいという男性にとって、一番気になるのがやはり仕事上のストレスです。こちらは過酸化脂質の元となる活性酸素が大量に増える原因となりますので、におい物質のノネナールを増やしてしまうことに繋がります。

 

また、タバコも大きな要因になりうるものです。ニコチンもストレスも抗酸化作用を持つビタミンCをどんどん消費してしまいます。せっかく食事で摂取できていても、あまり意味を成さないものになってしまいます。

 

アルコールもまた然りです。アルコールは体内に入ると毒性の強いアセトアルデヒドに分解されます。最後は酵素の力でさらに分解され、毒性のない尿として排泄されますが、アセトアルデヒドの段階では物凄いにおいとされています。

 

どんなに効果のあるデオドラント剤を使っても、ストレス、タバコ、アルコールの三大要素がある限り、男性の加齢臭はなかなか消しようがないというのも事実です。

 

その他にも、男性は夏場以外はスーツやジャケットを使い回して着ることもあると思います。クリーニングに毎日出す訳にもいかないという人も多いので、消臭スプレーは必須になると言って良いでしょう。

 

また、食事の面でも、肉食を魚や大豆タンパクに変えてみるのも良いですね。肉食は脂質も多いため、代謝に時間が掛かってしまいます。腸内の悪玉菌がこれを分解することでにおいに直結してしまいます。

 

腸内環境を良くするためにも納豆やヨーグルトなどの発酵食品を摂ることと、肉ではなく抗酸化作用を持つ大豆サポニンを積極的に摂ることで、気になる加齢臭を押さえ込むことができます。

 

男性も女性も、基本的には食事が一番重要度が高いと言えますね。

加齢臭の消し方・男性の場合の情報でした。

スポンサードリンク