加齢臭の消し方・運動

加齢臭の消し方・運動について

  スポンサードリンク

加齢臭対策の1つとして、運動を取り入れてみるのも有効です。

 

現代人はストレスを抱えるシーンが非常に多く、それによって加齢臭の原因となる活性酸素を大量に発生させる傾向にありますので、適度な運動でストレスを解消するのがオススメです。

 

ただ、1つだけ注意して頂きたいのは、激しすぎる運動を繰り返し行うことでも活性酸素が作られることが分かっていますので、最初はウォーキング程度から始めた方が良いかと思います。

 

 

私たち人間の体は、SOD(スーパー・オイキサイド・ディムスターゼ)という酵素の働きにより、増えすぎた活性酸素を抑制し、様々な病気を未然に防ぐことができている訳ですが、40歳くらいになると、このSOD酵素の働きが鈍るといわれています。

 

さらに50歳くらいになると、急激にSOD酵素の働きが低下しますので、成人病の原因となりやすく、老化現象の1つとしての加齢臭も強くなるといわれています。

 

もちろん活性酸素が体にとって全て悪影響を及ぼすわけではなく、殺菌や薬物の解毒、生理活性物質やホルモンの合成などを行う大事なものですが、増え過ぎると動脈効果や発がんのリスクを高めてしまうので、体には良くないということです。

 

しかし、有酸素運動などを適度に行うことで、当然新陳代謝も高まりますし、SOD活性が高まることにより、老化防止や成人病も防止することができて、さらに気になる加齢臭も軽減できるのです。

 

 

運動をすると汗をかいて、さらに加齢臭や体臭が増えるのではないかと思う方もいらっしゃいますが、ウォーキングやジョギングなどでかく汗というのは、サラサラの良い汗で、ほとんどにおわないのです。

 

一方で、普段から汗をかく習慣がない人は、冷や汗などのネバネバした悪い汗をかいた際に、老廃物などが一緒に排出されることで悪臭を放つのです。

 

よって、加齢臭を消すためには、運動で汗をかく習慣をつけておくことは非常に重要で、同時に日頃のストレスを発散できたら、尚よろしいですね。

加齢臭の消し方・運動についての情報でした。

スポンサードリンク