加齢臭の消し方・洗濯

加齢臭の消し方・洗濯について

  スポンサードリンク

加齢臭が頑固にこびりついた衣服は、洗濯してもにおいが消えない場合がありますね。

 

薄手の下着やワイシャツならまだしも、冬場に着用する厚手のコートやジャケットなどにも加齢臭は移りやすく、こうなるとクリーニングに出すしかなくなってしまいます。

 

そもそも、夏場というのは汗をかく量も多く、誰もがにおいに敏感ですから、汗をかく度着替えたり、シャワーやお風呂で入念に体を洗ったり、デオドラントスプレーを利用したりと、体臭や加齢臭に警戒を怠る人は少ないといえます。

 

しかし、冬場になると汗をかかなくなる分、においに無警戒になりがちで、皮脂の分泌を見過ごしてしまい、他人に不快感を与えてしまうものです。

 

加齢臭の原因は汗によるものではなく、皮脂の分泌、つまり脂によるにおいと捉えておいた方が良いのです。

 

ですから、通常の洗濯用合成洗剤で何度洗っても、においが落ちにくいという性質を持っています。

 

たとえ、においが消えたと思っても、再び着てみたり、暖かい部屋に入ったりすると、またにおい出したという経験があるかと思いますが、衣服にはまだにおいの元がしっかり残っていて、温度の上昇とともに再び現れて来るのです。

 

 

そこで、洗濯時に一緒に使いたいのが酸素系漂白剤です。

 

柔軟剤と同じく、漂白剤に脂汚れなどの洗浄力はありませんが、洗濯用合成洗剤と一緒に使うことで、浸け置き洗いをすることもなく、加齢臭を綺麗サッパリ消すことが可能です。

 

酸素系漂白剤は、過酸化水素や炭酸ナトリウムの力で、漂白だけでなく除菌もしてくれて、おまけに色落ちなどもしないのが特徴ですから、安心して使うことができますね。

 

 

最近の洗濯機は、プラズマクラスーターイオンでにおい消しができるなど、かなりの高機能なものが登場し、洗剤にしても洗浄力がアップしたものが続々と登場していますが、それでも加齢臭が消えない場合はクリーニング店に依頼するのがベストです。

 

というのは、ウールなどを洗濯機のドライコースなどで洗っても、クリーニング店で使われている溶剤(石油などの仲間)を実際に使うわけではありませんので、脂汚れを落とすには完璧とまでは行かないこともあるのです。

 

ワイシャツやポロシャツ程度なら、自宅で簡単に加齢臭を落とすことができますが、大事な衣服はプロに任せることも必要ですね。

加齢臭の消し方・洗濯についての情報でした。

スポンサードリンク