加齢臭の消し方・女性

加齢臭の消し方・女性の場合

  スポンサードリンク

女性の場合、清潔さとにおいには敏感ですから、加齢臭も当然気になることでしょう。

 

加齢臭といえば、化粧品やデオドラントスプレーなどを使うこともなく、毎日同じスーツを来て会社に行ったり、アルコールやコーヒー、タバコの量が多い男性のイメージ、つまり「オヤジ臭」を思い浮かべがちですね。

 

一般に、加齢臭に男女差はないといわれていますが、どうして女性の方がにおわないというイメージがあるのでしょうか?

 

 

もちろん、男性よりも身だしなみに気を遣ったり、化粧品や香水などでにおいを感じさせないこともありますが、女性は男性に比べると、汗をかきにくく、皮脂腺も活発ではないため、脂肪の分泌が少なく、においの元も少ないといえます。

 

また、女性は過酸化脂質を作る活性酸素の発生が少ないため、においの原因となるノネナールの増加も、かなり歳をとってからになります。

 

 

しかし、そういった背景がある以上、裏を返せば、においのある女性にとってはかなり深刻な問題ともいえます。

 

そこで、オススメしたいのが、「重曹入りのお風呂」で、入浴剤の代わりにひと握りの重曹を浴槽に入れてから入浴するというものです。

 

 

重曹は、正式には炭酸水素ナトリウムや重炭酸ソーダと呼ばれ、粒子が非常に細かく、軟らかい結晶なので、スクラブと同じような働きで毛穴の汚れを落とすのに最適といわれており、ここ最近注目を浴びています。

 

しかも、弱アルカリ性ですから、脂肪酸や汗のにおい成分である酸性物質を中和するとともに、肌の雑菌の繁殖を抑えることもできる優れ物です。

 

さらに、軟水へ変化させる作用があるため、低刺激で肌にとても優しく、きめ細やかで美しい肌を作るのにも効果を発揮します。

 

一般的に、男性よりもはるかに長風呂の人も多いので、一度試してみてはいかがでしょうか?

 

今では、食用だけでなく薬用としても販売されていますので、加齢臭を消したいという場合は、ぜひ使ってみてくださいね。

加齢臭の消し方・女性の場合の情報でした。

スポンサードリンク