加齢臭の消し方

加齢臭の消し方とは?

  スポンサードリンク

人は、年齢を重ねるに連れ、どうしても中高年特有のにおいを発生させるようです。

 

昔は、おじいちゃんやおばあちゃんと一緒に暮らす子供が多かったので、そのにおいにさほど敏感でもありませんでしたが、今や核家族化が進み、若い人には加齢臭が嫌なにおいと捉えられているようですね。

 

しかも、現代は清潔思考が強くなっていますので、加齢臭のみならず、体臭や口臭、汗のにおいなどにもとても神経質な人が増えており、「加齢臭=不潔」と感じている人も多いことでしょう。

 

では、この加齢臭を消すには一体どうすれば良いのでしょうか?

 

まず、このにおいの原因は「ノネナール」という物質にあります。

 

人間の皮膚には、肌の潤いを保つと同時に、紫外線などから肌を守る役割(バリア機能)をする皮脂が存在し、それは毛穴にある皮脂腺から分泌されています。

 

問題は、年齢とともに皮脂腺の中に「パルミトオレイン酸」という脂肪酸が増えてしまうことと、「過酸化脂質」という物質が増えてしまうことにあり、その両者が結びつき分解・酸化されてできるのがノネナールです。

 

つまり、加齢臭を何とかして消したいという場合は、ノネナールの原料となるパルミトオレイン酸と過酸化脂質を増やさないようにすることが一番で、これを実現するには、生活習慣を見直す必要があるのです。

 

 

中高年にもなると、毎日忙しい生活を強いられ、その反動でお酒を飲みすぎたり、タバコの量が増えたり、暴飲暴食をすることもありますし、運動不足にもなりがちですよね。

 

でも、そういった不摂生は皮脂腺に脂肪分を増やし、それが分解されてノネナールの増加を促進してしまうのです。

 

 

また、過酸化脂質は、体内に活性酸素が大量に発生した際に増えることが分かっており、過度のストレスを溜め込んでいると、活性酸素は増える一方で、当然過酸化脂質が大量に作られてしまうのです。

 

 

よって、加齢臭を気にされている方は、日頃の不摂生の見直しとストレス発散を心掛けるだけでも、劇的ににおいを改善させることもできるのです。

スポンサードリンク